寄稿・メディア掲載のお知らせです 7

このコロナ禍の間にも、幾つかの新聞や雑誌、ネットメディアにて、Titleを採り上げていただいたり、本を紹介したりしました。
下記、掲載順の情報です。

・岩波書店発行のPR誌『図書』4月号に「一本の道」というエッセイを寄稿しました。子どものころの本との関りを綴るリレーエッセイです。https://www.iwanami.co.jp/book/b507790.html

・4月26日付の北海道新聞に、内田樹『サル化する世界』(文藝春秋)の書評を寄稿しました。どうしんウェブからも読むことができます。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/416093

・4月28日発売の雑誌『週刊エコノミスト』「ワイドインタビュー問答無用」のコーナーにて、4ページの取材を受けております。ウェブでも読むことができます。https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200512/se1/00m/020/010000c

・ウェブメディアnippon.com にて、ノンフィクションライター・三宅玲子さんの取材を受けました。緊急事態宣言が出された日の取材でしたので、文章に緊張感があります。この時期により図らずも明らかになった、Titleという店の性格をよく書いていただきました。https://www.nippon.com/ja/japan-topics/c07106/

・早稲田ウィークリーにて、下北沢で「BOOKSHOP TRAVELLER」を営む和氣正幸さんとの対談を行いました。わたしが学生のころは冊子の形態だったと思いますが、いつのまにかウェブになっていたようです。

前編;https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-bookshop1/

後編:https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-bookshop2/

・5月11日付の「読売新聞」にて、このコロナ禍に心を鎮める本として本を4冊紹介しております。

・昨年冬、梅田 蔦屋書店で行われた、誠光社の堀部篤史さん、ON READINGの黒田義隆さんとの鼎談の模様が、世界思想社のウェブ上にて公開されています(現在、全5回中の2回目)。ほぼカットなしで収録されているので、かなり読みごたえがあると思います。今後もご注目ください。

第一回:https://web.sekaishisosha.jp/posts/3561

第二回:https://web.sekaishisosha.jp/posts/3583

寄稿・メディア掲載のお知らせです 6

この間幾つかの新聞、テレビ、雑誌にて、Titleを採り上げていただいたり、本を紹介したりしました。
下記、掲載順の情報です。

・10月30日付の「朝日新聞」にて、「○○が選ぶ平成のベスト本5冊」を寄稿しました。読んで面白いのはもちろん、時代を画する意義深いものを念頭に選びました。https://book.asahi.com/article/12840566

・11月18日付の「読売新聞」にて、心のあたたまる本というお題で本を4冊紹介しております。

・首都圏の中央線各駅で配布されているフリーペーパー「中央線が好きだ」。11月中旬配布開始号(沿線の小さな書店が特集されています)にて、吉田いつしさんのイラストでTitleをご紹介いただきました。こちらのウェブサイトからもご覧いただけます。https://www.jreast.co.jp/hachioji/ensen/digibook27/html5/pc.html#/page/4

・12月20日発売の雑誌『建築知識 2020年1月号』(エクスナレッジ)にて、Titleが取材を受けました。特集は「世界一美しい本屋のつくりかた」。この雑誌らしく全国の店への聞き取りから本屋を分解し、「なぜそうなのか」という本屋の考えを探った一冊。回遊性を意識したレイアウト、通路幅やレジ位置、ディスプレイの仕方など、明日から本屋を見る目が変わります。

・12月末刊行の書籍『東京の美しい本屋さん』(田村美葉著、エクスナレッジ刊)にて、Titleを採り上げていただきました。いつの間にか、独立経営の本屋は増えていますね。http://xknowledge-books.jp/ipscs-book/BooksApp;jsessionid=E66441EC3AC809950150196BD959C085?act=book&isbn=9784767827032

・1月7日発売の雑誌『群像』(講談社)にて、エッセイ「本には宛先が書かれている」を寄稿しました。この1月で5年目に入ったTitle。この間のことを振り返りつつ、いま考える本の届け方を書いたものです。よろしければご一読ください。http://gunzo.kodansha.co.jp/

寄稿・メディア掲載のお知らせです 5

この間幾つかの新聞、テレビ、雑誌にて、Titleを採り上げていただいたり、本を紹介したりしました。

下記、掲載順の情報です。

・9月14日発売の雑誌『山と渓谷』10月号にて、「山の本」4冊の案内文を寄稿しました。

・10月10日発売の雑誌『地域人』50号(書店特集号)にて、森枝卓士さんの連載でTitleを取材頂いてます。鳥取、山梨、北海道、岩手、高知、熊本と、この雑誌らしく様々な土地にスポットを当て、地域と書店を紹介する一味違う内容でした。http://chiikijin.chikouken.jp/

・『北海道新聞』(10月13日発売紙面)書評欄にて、池内紀『ことば事始め』の書評を寄稿しました。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/354653?rct=s_books

・10月15日発売『BRUTUS』(特集「本屋好き。」)内の特集「名物書店員がいる町の本屋50」にて、Titleを取材頂いております。https://magazineworld.jp/brutus/brutus-903/

・10月21日発売『散歩の達人』11月号(特集「荻窪・西荻窪」)で、作家・角田光代さんが案内する書店さんぽのコーナーで、Titleをとりあげて頂いております。https://www.kotsu.co.jp/service/publication/sanpo/

お見かけの際には、ぜひご一読ください。

寄稿・メディア掲載のお知らせです 4

この間幾つかの新聞、テレビ、雑誌にて、Titleを採り上げていただいたり、本を紹介したりしました。

下記、掲載順の情報です。

・東京メトロ発行のフリーペーパー『TOKYO TREND RANKING』(6月25日発売/7月号)「東京よりみちか」というコーナーにて、Titleをご紹介いただいております。https://ranking.enjoytokyo.jp/fp/yorimichika/ogikubo.html

・建築雑誌『CONFORT』(7月5日発売/169号)書評欄にて、堀部安嗣『住まいの基本を考える』(新潮社)の書評を寄稿しました。https://confortmag.net/confort-no169

・杉並区のウェブサイト「なみじゃない、杉並!」内にて、Titleをご紹介いただきました。取材当日は、荻窪駅南口の文禄堂荻窪店スタッフの山内さんがお越しになり、色々とお話しして楽しかったです。荻窪の「本のある場所」が紹介されておりますので、ご覧ください。https://www.chuosen-rr.com/lookwalk/ogikubo06/

・『北海道新聞』(7月21日発売紙面)書評欄にて、小川洋子、堀江敏幸『あとは切手を、一枚貼るだけ』の書評を寄稿しました。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/327522?rct=s_books

お見かけの際には、ぜひご一読ください。

『幼年文学おすすめブックガイド200』(評論社)に寄稿しました

評論社より発売になった『ひとりでよめたよ! 幼年文学おすすめブックガイド200』にて、神沢利子作、井上洋介絵『くまの子ウーフ』(ポプラ社)、ヨゼフ・チャペック、木村有子訳『こいぬとこねこのおかしな話』(岩波少年文庫)への紹介文章を書いております。キーワードで読みたい本を探すことができ、ボリュームがたっぷりあるブックガイド。何を読ませればよいか(読めばよいか)迷ったら、この本を手に取ってください。

中日新聞/東京新聞にて連載「公開選書 あなたに贈る本」がはじまりました。

7月から、中日新聞/東京新聞にて、連載「公開選書 あなたに贈る本」がはじまりました。読者のかたからの選書の依頼に応じて、紙面上で本を選び、エッセイを書きます。そして選んだ本は、採用されたかたに「贈られ」ます。

連載は、第1日曜日の読書欄に掲載されます。

寄稿・メディア掲載のお知らせです 3

この間幾つかの新聞、テレビ、雑誌にて、Titleを採り上げていただいたり、本を紹介したりしました。

下記、掲載順の情報です。

・『読売新聞』(4月15日発売紙面)「選書の達人」というコーナーにて、新しい環境に戸惑っているあなたにお薦めの本というお題で本を4冊紹介しております。

・『東京新聞』(4月21日発売紙面)書評欄にて、ペネロピ・フィッツジェラルド『ブックショップ』の書評を寄稿しました。https://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2019042102000196.html

・『深層NEWS』(BS日テレ/4月25日放送)1時間本屋特集の内容で、Titleから放送しました。新井見枝香さんとともに出演しました。

・『東京新聞』(5月6日発売紙面)TOKYO発 「新感覚書店」というコーナーでTitleを取材いただきました。https://www.tokyo-np.co.jp/article/thatu/list/CK2019050602000192.html

・『ミセス』(5月7日発売号)「こんなとき、こんな本」という特集にて、自然とともに生きたくなったらというお題で2冊本を紹介しております

・『北海道新聞』(5月19日発売紙面)書評欄にて、奥山淳志『庭とエスキース』の書評を寄稿しました。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/306787?rct=s_books

・『ブレーン』(6月1日発売号)「クリエイターおすすめブック&マガジン」にて、本を4冊紹介しております。

お見かけの際には、ぜひご一読ください。

 

三菱一号館美術館「新しい私 書店通信」に寄稿しております

三菱一号館美術館が運営する架空の本屋さん「新しい私 書店」https://mimt.jp/book/ の2周年を記念して作成されたリーフレット「新しい私 書店通信」にて、書籍の紹介とエッセイ「新しい〈わたし〉に出会う」を寄稿しました。

*ブログでも読めるようになりました。https://mimt.jp/blog/official/?p=3097

 

紹介した書籍は、3月14日から三菱一号館美術館で開催される英国美術の展覧会「ラファエル前派の軌跡展」に関連した内容のものです。リーフレットは、三菱一号館美術館の協力書店(紀伊國屋書店大手町ビル店・丸善丸の内本店・三省堂書店有楽町店)ほか、Titleでも配布いたします。ぜひお手に取ってご覧ください。なくなり次第終了します。

期間中美術館や協力書店では、フェアや謎解きゲーム、オリジナルドリンクの提供など、様々なイベントが開催されますので、ぜひ足をお運びください。https://mimt.jp/blog/museum/?p=6441

 

「高校生と、かつて高校生だった人のための読書案内」に寄稿しました

ウェブサイト「高校生と、かつて高校生だった人のための読書案内」にウィリアム・サローヤン『パパ・ユーアクレイジー』に関する文章を寄稿しました。勘をたよりに本を探していた頃が、一番本に対する感度が高かったように思いますが、そんな時期に出合った一冊です。

高校生と、かつて高校生だった人のための読書案内:http://www.j-apix.co.jp/books/introduction/201902-1-01.html

 

寄稿・メディア掲載のお知らせです 2

この間幾つかの雑誌にて、Titleを採り上げていただいたり、本を紹介したりしました。

下記、発売日順に掲載紙の情報です。

・『男の隠れ家12月号』(10月26日発売)「特集:本のある空間」店舗の取材を受けております

・『Milk&Honey#2』(10月27日発売)「小特集:旅する本・絵本」ページ内で、6冊本を紹介しコメントを寄せております

・『東京人12月号』(11月2日発売)「特集:本屋は挑戦する」作家・山崎ナオコーラさんとの対談が掲載されております

・『小さい出版社の面白い本2019』(三栄書房/11月10日発売)巻頭ページにて、荒蝦夷・土方さん、書肆侃侃房・田島さん、夏葉社・島田さん、三輪舎・中岡さんという、出版社の社主たちとの座談会が掲載されております。

お見かけの際には、ぜひご一読ください。

CATEGORIES

ARCHIVE

開店前メイキングブログ もうすぐあたらしい本屋が生まれます