2024年夏季休暇のお知らせ

いつもTitleのご利用をいただき、ありがとうございます。

7月29日(月)~8月2日(金)のあいだ、Titleは夏季休暇をいただきます。みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

*8月3日(土)からは通常営業します。

*休みの間は、問い合わせやWEBSHOPの発送業務も対応できませんので、ご了承くださいませ。

寄稿・メディア掲載のお知らせです 25

この間にも、幾つかの新聞や雑誌、ウェブメディアに文章を寄稿しました。

・5月26日付の北海道新聞朝刊・書評欄にて、島田潤一郎著『長い読書』(みすず書房)への書評を寄稿しました。島田さんの文章に合うように、ゆったりとした気持ちで書きました。ウェブでもお読み頂けます。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/1016788/

・6月8日付の朝日新聞朝刊・書評欄「ひもとく」コーナーにて、イラストレーターのエッセイについて寄稿しました。職業意識に基づいた面での構成、そしてそれがどのように変遷していったかなど、和田誠〜リリー・フランキー〜三好愛さんの本を俎上に乗せて書いております。写真もTitleで撮影しました。https://book.asahi.com/article/15299310

・WWFジャパンの、名作漫画から私たちと生物多様性のつながりを実感させる取り組み「コミック・ダイバース(COMIC DIVERSE)」。「生物多様性」をテーマに選んだコミックスは『歩くひと』。ただ海と岩礁が描かれただけの一コマに、生物の網の目のようなネットワークを感じます。こちらも多様なかたが寄稿しています。https://www.wwf.or.jp/campaign/comic/

・6月20日発売の『週刊新潮』に、池澤夏樹『ノイエ・ハイマート』(新潮社)への書評を寄稿しました。「難民」をテーマとした、読み進めるうち、伝えたいテーマが身に沁みてくる変奏曲のような作品。いま読まれるべき本だと思います。

『しぶとい十人の本屋』「はじめに」公開、関連トークイベントなどのお知らせ

『しぶとい十人の本屋 生きる手ごたえのある仕事をする』が、朝日出版社より6月4日に発売になります。

・書店での発売直前に、朝日出版社のサイトで「はじめに」が全文公開されました。そんなに長い文章ではないので、ぜひ読んでみて下さい。そして何か触れるものがあれば、お近くの書店でお探しいただければ幸いです。https://webzine.asahipress.com/posts/8030

そして、刊行記念イベントも決まっております。

・6月21日(金)はTitleにて、この本の装丁を手掛けてくださった寄藤文平さんと。https://www.title-books.com/event/12384

(寄藤さん、とてもロジカルにデザインや本のことをお話されます。「しぶとい」を寄藤さんにお願いしたのはわたくしですが、それは自分と同種のものを感じたから。様々な角度から、本というものを考えます)

・7月2日(火)は、辻山の出身地であります神戸の1003 books にて、店主の奥村千織さんに聞き手になっていただき、本書の続きのようなトークを。https://t.co/rtRhzI3FPe

・7月3日(水)は、本書にも登場する、ほぼ同期であります、京都・誠光社の堀部篤史さんとの「昨今の小商いに侵食する不可解な現象」の話。https://t.co/HEAviYXgdG

その他、まだ告知していないイベントもありますので、第二弾として決まり次第アップいたします。

寄稿・メディア掲載のお知らせです 24

この間にも、幾つかの書籍や新聞、雑誌でTitleを採り上げていただき、文章を寄稿しました。

・2月7日付の東京新聞朝刊。読書面の「私の愛読書」というコーナーにて、取材していただきました。折に触れ手に取る『須賀敦子全集第1巻』の話をしました。取材は栗原淳記者です。

・3月15日発売の『小説すばる』にて、ブック・コーディネーターの内沼晋太郎さんと、蟹ブックスの花田菜々子さんと鼎談しております。「我が街と本」という雑誌の特集内の記事で、全国の書店や、街と本屋の関わりについてたっぷりめなお話。http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/

・3月21日発売の、三宅玲子著『本屋のない人生なんて』(光文社)にて、Titleを取材して頂いてます。よい意味での狂気を感じる本。時計から、コーヒーカップから、店にあるもの全てが、緻密に写し取られています。注意深い取材から、隠されたその糸を手繰り寄せ、自身の文章としてそれを書き起こした11店舗の物語。ぜひご覧ください。https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334102647

・書評の情報サイト「Book Bang」に、三浦英之『涙にも国籍はあるのでしょうか―津波で亡くなった外国人をたどって―』(新潮社)の書評を寄稿しました。あまり明らかになっていない、あの大震災で亡くなった外国人をめぐるノンフィクション。味わい深い短篇を読んだ読後感が残ります。https://www.bookbang.jp/review/article/774351

MySCUEにて、連載「〈わたし〉になるための読書」がはじまりました

イオンが運営するシニアケアの情報サイト、MySCUE(マイスキュー)にて、「〈わたし〉になるための読書」という定期連載がはじまりました。いくつになっても自分をつくっていく行為である「読書」の手助けになるように、毎回テーマに沿った本を数冊ご紹介します。三月に一度、更新します。→ 読むことと<わたし>|〈わたし〉になるための読書 | MySCUE (マイスキュー)

*現在の定期連載は、幻冬舎plus「本屋の時間」(毎月15日更新)、すばる「読み終わることない日々」(毎月6日発売)、MySCUE「〈わたし〉になるための読書」(3、6、9、12月、各月20日頃)です。どこかでご覧頂けましたら。

CATEGORIES

ARCHIVE

開店前メイキングブログ もうすぐあたらしい本屋が生まれます