10月14日(祝・月)梅田 蔦屋書店 【読書の学校】ブックトークフェスティバル 2019に出演します

10月14日(祝・月)、大阪・梅田蔦屋書店で行われる「読書の学校 ブックトークフェスティバル 2019」に出演します。辻山は19時からの第三部で誠光社の堀部篤史さん、ON READINGの黒田義隆さんと一緒に、「完璧な本」(ひぇー)に関して話します。一部、二部も面白い顔ぶれのみなさんがトークをしますので、ぜひお越しください。通し券と各回ごとの券と、どちらでもご予約可能です。

———–

ブックトークフェスティバルを締めくくる、第三部のテーマは、「完璧な本」。

東京よりTitleの辻山良雄さん、京都より誠光社の堀部篤史さん、名古屋よりON READINGの黒田義隆さんをお迎えします。

ブックセレクトの鑑識眼の確かさは、読者および書店・出版関係者からの絶大な信頼を得ている、日本を代表する個人書店の三名です。

三氏が、どのよう視点で本を選ばれているのか。直観なのか。細かな基準があるのか。読み手として完璧な本と、売り手として完璧な本の違いはあるのか。初めて読んだときの自分の思い出と深く結びついているために、どうしても代えがたい本や、致命的な欠点があって完璧だとは言い難いが、それがかえって魅力を感じさせるフェティッシュな本などなど。

さまざまな解釈によって、自由に「完璧な本」を語っていただきます。

三部のみのご案内:https://store.tsite.jp/umeda/event/humanities/9681-1214190917.html

通しのご案内:https://store.tsite.jp/umeda/event/humanities/9669-1211420916.html

10月27日(日)、本の学校 出版産業シンポジウム 2019 in 東京 ~神保町で 本の“いま”を 語ろう~に出演します

10月27日(日)、NPO法人本の学校が主催する「出版産業シンポジウム 2019 in 東京 」のパネリストとして登壇します。元さわや書店で、現リーディングスタイルの田口幹人さんと一緒で、コーディネーターはH.A.BOOKSTOREの松井祐輔さんです。田口さんとは数年前にイベント「ブックンロール」でご一緒して以来なので楽しみ。12:30からの第一フォーラム「本屋を開業する2」です。

———–

個人による本屋の開業がますます増えつづけています。これから本屋を開業しようとしている人も後を絶ちません。こうした状況に鑑み、本分科会では昨年に引き続き本屋を開業する方法について討議します。本年は専業の書店経営者、取次勤務の書店運営者と、立場は異なりつつも、開業を経験している2人にさまざまな視点から、その方法や技術について語っていただきます。

コーディネーター●松井祐輔(H.A.BOOKSTORE)
パネリスト●辻山良雄(Title)、田口幹人(リーディングスタイル)

http://www.honnogakko.or.jp/archives/1254

メディア掲載のお知らせです

この間幾つかの新聞、テレビ、雑誌にて、Titleを採り上げていただいたり、本を紹介したりしました。

下記、掲載順の情報です。

・東京メトロ発行のフリーペーパー『TOKYO TREND RANKING』(6月25日発売/7月号)「東京よりみちか」というコーナーにて、Titleをご紹介いただいております。https://ranking.enjoytokyo.jp/fp/yorimichika/ogikubo.html

・建築雑誌『CONFORT』(7月5日発売/169号)書評欄にて、堀部安嗣『住まいの基本を考える』(新潮社)の書評を寄稿しました。https://confortmag.net/confort-no169

・杉並区のウェブサイト「なみじゃない、杉並!」内にて、Titleをご紹介いただきました。取材当日は、荻窪駅南口の文禄堂荻窪店スタッフの山内さんがお越しになり、色々とお話しして楽しかったです。荻窪の「本のある場所」が紹介されておりますので、ご覧ください。https://www.chuosen-rr.com/lookwalk/ogikubo06/

・『北海道新聞』(7月21日発売紙面)書評欄にて、小川洋子、堀江敏幸『あとは切手を、一枚貼るだけ』の書評を寄稿しました。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/327522?rct=s_books

お見かけの際には、ぜひご一読ください。

『幼年文学おすすめブックガイド200』(評論社)に寄稿しました

評論社より発売になった『ひとりでよめたよ! 幼年文学おすすめブックガイド200』にて、神沢利子作、井上洋介絵『くまの子ウーフ』(ポプラ社)、ヨゼフ・チャペック、木村有子訳『こいぬとこねこのおかしな話』(岩波少年文庫)への紹介文章を書いております。キーワードで読みたい本を探すことができ、ボリュームがたっぷりあるブックガイド。何を読ませればよいか(読めばよいか)迷ったら、この本を手に取ってください。

中日新聞/東京新聞にて連載「公開選書 あなたに贈る本」がはじまりました。

7月から、中日新聞/東京新聞にて、連載「公開選書 あなたに贈る本」がはじまりました。読者のかたからの選書の依頼に応じて、紙面上で本を選び、エッセイを書きます。そして選んだ本は、採用されたかたに「贈られ」ます。

連載は、第1日曜日の読書欄に掲載されます。

CATEGORIES

ARCHIVE

開店前メイキングブログ もうすぐあたらしい本屋が生まれます