メディア掲載のお知らせです

この間にも、幾つかの新聞や雑誌、ネットメディアにて、Titleを採り上げていただいたり、寄稿したりしました。
下記、掲載順の情報です。

・『群像9月号』(8/7発売)にて、若松英輔『霧の彼方 須賀敦子』(集英社)の書評を寄稿しました。自分のカテドラルを建てる人間としての須賀敦子、そして若松さんに注目して書いたものです。

・講談社のウェブメディア「tree」の新コーナー「出張書店」にて、本の紹介を行いました。https://tree-novel.com/works/episode/b427f50b5505feaec9f87f271ca0fd31.html

・北欧、暮らしの道具店が発行する、「オトナのおしゃべりノオト 33号」に、今、読みたい本という特集で、コロナ禍での過ごし方のインタビューと今、読みたい10冊を挙げております。

・『イラストレーション228号』(10/17発売、nakaban、植田真特集号)にて、nakabanとの共著『ことばの生まれる景色』に関連したエッセイを寄稿しました。

・『天然生活12月号』(10/20発売、読書特集号)にて、本を6冊+お菓子2つを紹介しております。

・ウェブメディア「ミライのアイデア」にて取材を受けました。久しぶりに本屋の仕事に関して話しております。https://www.mirai-idea.jp/post/title

・新しい出版社 rn press 発行のリトルマガジン『USO2』に「ある一生」という短篇小説を寄稿しました。お、この人がという方々が書かれておりますので、よろしければぜひ。https://title-books.stores.jp/items/5faf9e4cb00aa378bb846719

・11月22日付の北海道新聞にて、サラ・パーカック 熊谷玲美訳『宇宙考古学の冒険』(光文社)の書評を寄稿しました。最新のテクノロジーを使い遠い過去を想像する宇宙考古学とは、まさに科学技術と人文学との幸せな融合だと思いました。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/484521

・『Frau SDGs』(11/27発売)「特集:私のお金が、世界を変える」にて、お金に関する書籍のセレクトとコメントを行っております。

・『販促会議1月号』(12/1発売)の新コーナー、「また行きたくなる 街の“愛され店舗”探訪」にて取材をうけました。

 

年末年始の営業のお知らせ

Titleの2020年の営業は、12月30日(水)の18時までとさせていただきます。
(30日は水曜日ですが営業いたします)

なお新年は、1月7日(木)からの営業となります。皆さまのお越しをお待ちしております。

*12月30日(水)は12:00~18:00までの営業

*12月31日(木)~1月6日(水)は休業、1月7日(木)からは通常営業

*休みの間は、イベントの受付業務、WEBSHOPの発送業務も対応できませんので、ご了承くださいませ。

営業時間変更のお知らせ

12月よりTitleの営業時間を変更させていただきます。
今年は5月より営業時間を短縮し店を営業してまいりましたが、12月1日以降正式な営業時間を下記の通りとさせていただきます。

・月曜日~土曜日 12:00~19:30
・日曜日 12:00~19:00

*定休日は変わらず、水曜日と第三火曜日です

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

2020年秋季休暇(10月5日~8日)のお知らせ

いつもTitleのご利用をいただき、ありがとうございます。

10月5日(月)~8日(木)のあいだ、Titleは秋季休暇をいただきます(今年は夏季休暇の代わりとなります)。みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

*10月9日(金)からは通常営業

*休みの間は、イベントの受付業務、WEBSHOPの発送業務も対応できませんので、ご了承くださいませ。

ラクーア図書館「本の森2020」に出品しています

9月1日(火)~11月1日(日)、東京ドームシティのラクーアで、5店舗(てんしん書房、SLCC、Title、blackbird books、ホホホ座 浄土寺店)による、ラクーア図書館「本の森2020」という企画が行われます。期間中は200冊の本を自由に借りることができて、最終日11月1日は、投げ銭による本の販売があります。その他様々な催し物があるようなので、お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

「ラクーア」オータムイベントサイト:https://www.laqua.jp/topics/list/autumn2020/

CATEGORIES

ARCHIVE

開店前メイキングブログ もうすぐあたらしい本屋が生まれます