2022/1/13 - 2022/2/3

浅生ハルミン『江戸・ザ・マニア』刊行記念 趣味はこうして受け継がれる-「ずっとの趣味」の達人たち

浅生ハルミン『江戸・ザ・マニア』刊行記念 趣味はこうして受け継がれる-「ずっとの趣味」の達人たち

――それらはなぜか、実家の玄関や床の間、お金持ちの家の応接室、テレビに映る社長室などに、シンボリックに飾られていることが多いように思う。(「はじめに」より)

 

「盆栽」「金魚」「古地図」などなど、江戸っ子たちがハマって、エスカレートした趣味の世界。現代でもそれらを楽しむ“マニア”な方々にその魅力を聞いた、イラストレーター・エッセイストの浅生ハルミンさんのイラストルポ『江戸・ザ・マニア』がこのたび刊行されました。

全24回分の取材で見聞きした、趣味の達人たちのコレクション、たたずまい、それについて語る言葉からは、外の世界からは意外に思えるような形の「好き」があふれていました。

 

たとえば、「おもとマニア」。

おもと(万年青)と呼ばれる植物を交配させていろいろな形や模様を表す愛好家は、水やりのためにほとんど旅行に行けないそう。

 

たとえば「金魚マニア」。

求める特徴の金魚を求めて、卵からかえった一万もの稚魚の中から七匹を見つけ出すのだとか。仕事から帰って、朝まで。

 

本に収録したイラストのほか、浅生さんが感じた、趣味の達人たちの「好き」の熱量を、本には掲載できなかった写真や資料と一緒にご紹介します。

また、「こけし」や「スナップ写真」「おかんアートコレクション」(予定)など、浅生さん自身の偏愛趣味の世界もあわせてご紹介できればとおもっています。

  • 浅生ハルミン(あさお はるみん)
  • 浅生ハルミン(あさお はるみん)

    1966年、三重県生まれ。デザイン事務所勤務の傍ら、現代美術家としての活動を経て、現在はイラストレーター、エッセイストとして活躍。NHK Eテレ「オイコノミア」の番組内イラストレーションなどを手がける。おもな著書に「猫の目散歩」「三時のわたし」「猫座の女の生活と意見」など多数。『私は猫ストーカー』は2009年に映画化され、話題となる。

    撮影=ただ(ゆかい)

開催日
2022年1月13日(木)ー 2022年2月3日(木)
時間
12:00 - 19:30(日曜日は19時まで) 水曜・第三火曜日定休 *最終日2月3日(木)は17時まで
会場

Title2階ギャラリー

  • SHARE