2020/7/9

終了しました

本の世界をめぐる夜会『学びのきほん 本の世界をめぐる冒険』刊行記念 オンライントーク

本の世界をめぐる夜会

「学びのきほん」は創刊1周年、「生きた学びを手に入れる」をコンセプトに、あらゆる教養の扉を開くシリーズです。

Titleでは、このシリーズと連動して毎回イベントを開催してきました。今回は、6次元店主ナカムラクニオさんの新著『本の世界をめぐる冒険』の刊行を記念したオンラインでのイベントを開催します。登壇者は、著者のナカムラクニオさん、この本の校正を担当した牟田都子さん、店主辻山良雄の3人。司会進行は「学びのきほん」編集担当の白川貴浩さんです。

人から人へ。その形は変われども情報や思いを伝えてきた〈本〉。本書は、その移り変わりを俯瞰し、これからの〈本〉を冒険する1冊。今回のイベントでは、それぞれが本とどのように出会い、本の存在をどのように感じてきたのか、どんな本を読んできたのかなど、各々が経験してきた「本をめぐる冒険」をざっくばらんに語り合う夜会としたいと思います。

無料のウェブイベントですので、どこからでも気軽にご参加ください。当日は下記のURLにアクセスをお願いします!
https://youtu.be/XYsiMcH8Ht4

—–

*『本の世界をめぐる冒険』をTitle WEB SHOPよりご注文の方には、ナカムラクニオさんの短編小説「未来の本屋さん」と、「学びのきほん」のしおり付きでお送りします。https://title-books.stores.jp/items/5ef727e0d26fa5569efd6f27

  • ナカムラクニオ
  • ナカムラクニオ

    1971年東京生まれ。東京・荻窪にあるブックカフェ「6次元」店主。美術や旅番組などのディレクターとして番組制作に携わり、これまで訪れた国は50か国以上。金継ぎ作家としてROKUJIGEN KINTSUGI STUDIOを立ち上げ、全国でワークショップを開催。著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方 都市型茶室「6次元」の発想とは』(CCCメディアハウス)『パラレルキャリア 新しい働き方を考えるヒント100』(晶文社)『村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール』(ちくま文庫)『世界の本屋さんめぐり』(産業編集センター)など多数。

  • 牟田都子(むた・さとこ)
  • 牟田都子(むた・さとこ)

    校正者。1977年東京都生まれ。これまで関わった本に『これからの本屋読本』(内沼晋太郎著、NHK出版)、『ブスの自信の持ち方』(山崎ナオコーラ著、誠文堂新光社)、『本を読めなくなった人のための読書論』(若松英輔著、亜紀書房)、『橙書店にて』(田尻久子著、晶文社)、『ほんのちょっと当事者』(青山ゆみこ著、ミシマ社)、『ブードゥーラウンジ』(鹿子裕文著、ナナロク社)ほか。共著に『本を贈る』(三輪舎)。

  • 白川貴浩(しらかわ・たかひろ)
  • 白川貴浩(しらかわ・たかひろ)

    1988年、福岡県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。2012年、NHK出版入社。担当書に 『これからの本屋読本』(内沼晋太郎)『詩と出会う 詩と生きる』(若松英輔)『からだと こころの健康学』(稲葉俊郎)『はみだしの人類学 ともに生きる方法』(松村圭一郎)など。 2019年に「学びのきほん」を創刊、1年でシリーズ累計16万部を突破。

開催日
2020年7月9日(木)
時間
19時30分スタート/21時頃終了予定
ご参加方法
イベント当日、本文中に記したURLにアクセスしてください。
  • SHARE