2020/1/10 - 2020/1/28

鹿子裕文『ブードゥーラウンジ』刊行記念展〜モンドくんの原画展+本づくりの舞台裏〜

鹿子裕文『ブードゥーラウンジ』刊行記念展

デビュー作『へろへろ 雑誌「ヨレヨレ」と宅老所よりあいの人々』(ナナロク社/ちくま文庫)が大きな驚きと反響を呼んだ著者・鹿子裕文さんの、待望の次回作がついに刊行されます。

タイトルは『ブードゥーラウンジ』(ナナロク社刊)。
舞台は福岡・天神に実在する、一風変わったライブハウス「ブードゥーラウンジ」。
〈はみだし者〉たちが、好きなことを続けるために、自分の居場所をつくるために、日夜繰り広げる大騒動はやがて物語的結末を迎える−―。
そんな、血湧き肉躍るノンフィクション・エンターテインメントが誕生しました。

会場では、カバー装画をはじめ、本書にたくさんの挿絵を描いてくれたモンドくん(奥村門土)の原画を展示するほか、「ブードゥーラウンジ」に関するチラシや資料を展示します。

また、3年以上の歳月をかけて書き上げられた本書の知られざるボツ原稿、著者・校正者・編集者の赤字青字エンピツが入り混じった門外不出の校正紙も展示します。(あまりにも校正紙の著者の赤字が面白いので、これは編集者と校正者だけで楽しむのはもったいない!ということで意見が一致。今回その一部を特別公開します。)

「電波の届かぬところで革命の音が鳴っている」
2020年のTitle最初の展示、5年目のスタートは、『ブードゥーラウンジ』から。ぜひご来場ください。

*期間中の1月24日(金)鹿子裕文さんのトークイベントを行います(受付終了しました)。

*Titleで『ブードゥーラウンジ』ご購入のかたには、購入者特典として「鹿子裕文狂い咲きブロマイド」を差し上げます。

*会場では関連書籍のほか、『ブードゥーラウンジ』の装画を担当したモンドくんのグッズ、本書の二人の主人公・ボギーさんとオクムラユウスケさんのCDも販売します。

■書籍情報
『ブードゥーラウンジ』鹿子裕文著、ナナロク社
装丁 祖父江慎+根本匠(cozfish)
装画 奥村門土
ISBN 978-4-904292-92-1 C0095 ¥1800
定価・本体1800円+税

  • 鹿子裕文(かのこ・ひろふみ)
  • 鹿子裕文(かのこ・ひろふみ)

    1965年福岡県生まれ。編集者。早稲田大学社会科学部卒業。
    ロック雑誌『オンステージ』、『宝島』で編集者として勤務した後、帰郷。
    タウン情報誌の編集部を経て、1998年からフリーの編集者として活動中。
    著書に『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々』(ナナロク社/ちくま文庫)がある。

開催日
2020年1月10日(金)ー 2020年1月28日(火)
時間
12:00~21:00 *15日、21日~23日休み *イベント開催日(1月17日、24日)は18時にて終了
場所

Title2階ギャラリー

  • SHARE