2019/1/10 - 2019/1/29

nakaban × Title exhibition 「ことばの生まれる景色 完結編」
~『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)刊行記念~

nakaban × Title exhibition 「ことばの生まれる景色 完結編」

「Title・辻山良雄が、一冊の本とそれを端的に表していると思った一節を選び、画家のnakabanがそこからイメージを膨らませた絵を描く。」

2017年1月よりTitleで行われた3回の展示に辻山のエッセイを加えた、40の絵と文からなる『ことばの生まれる景色』が、この度ナナロク社より刊行されました。今回の展示では、書籍のために描き下ろした絵や、前回の展示から手を加えた絵を中心に構成したセレクト版です。nakabanさんの「宝物のような」絵を、ぜひ生の体験としてご覧ください。

展示作品(抜粋)今村夏子『あひる』 / 岸政彦『ビニール傘』 / 齋藤陽道『声めぐり』『異なり記念日』 / 深沢七郎『楢山節考』 / マーガレット・ワイズ・ブラウン『おやすみなさい おつきさま』 / 星野道夫『旅をする木』 / 限定冊子「2003年、広島にて」原画……and more

*作家在廊日:24日(木)13:00~18:00 25日(金)13:00~17:00

*会期中の1/24(木)nakabanと辻山によるトーク「絵と文で本を旅する四十景」を行います。http://www.title-books.com/event/5563

*会場にお越しのかたに、「ことばの生まれる景色」オリジナルしおりプレゼント!

この原画展は、一年をかけて全国の本屋さんを巡回いたします。全国での原画展にあわせ、nakabanさんにそれぞれのお店や土地をイメージした絵を描いていただき、それをもとにスタンプにしました。

会場にしおりを用意しておりますので、各店にあるスタンプを押してお持ち帰りください。店舗ごとにスタンプが違うので、各店を回ってスタンプを集めていただくことも可能です。

  • nakaban
  • nakaban

    なかばん|画家。1974年、広島県生まれ。広島県在住。
    旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、印刷物の挿絵、絵本、映像作品を発表する。新潮社「とんぼの本」や「Title」のロゴマークを制作。主な作品に絵本『ぼくとたいようのふね』(BL出版)『よるのむこう』(白泉社)、『みずいろのぞう』(ほるぷ出版)、『ないた赤おに』(浜田廣介作/集英社)、『フランドン農学校の豚』(宮沢賢治作/ミキハウス)、『窓から見える世界の風』(福島あずさ作/創元社)など。Title・辻山良雄との共著『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)が12月に発売。

開催日
2019年1月10日(木)ー 2019年1月29日(火)
時間
12:00~21:00 水曜、第三火曜日定休日 *イベント開催日(1月21日・24日・29日)は18時にて終了
場所

Title2階ギャラリー

  • SHARE