2018/8/6

本を伝える、本を編む
『市場のことば、本の声』(晶文社)、『山の上の家』(夏葉社)刊行記念

本を伝える、本を編む

沖縄の那覇で小さな古本屋さんを営む、「市場の古本屋 ウララ」の宇田智子さん。
東京の吉祥寺で小さな出版社を営む、「夏葉社」の島田潤一郎さん。
ふたりが日々考える、本を届けること、本をつくること、そもそも「本」って、なんだろうか? ということ。

宇田さんの最新刊であり、珠玉のエッセイ集である『市場のことば、本の声』(晶文社)、そして島田さんが編集し、宇田さんも寄稿した、ふたりが大好きな作家である庄野潤三のはじめてのブックガイド『山の上の家』(夏葉社・8月1日頃発売予定)。二冊の本の刊行を記念して、静かな声で、たくさんのことをおしゃべりしていただきます。聞き手はTitle店主・辻山が務めます。

  • 宇田智子(うだ・ともこ)
  • 宇田智子(うだ・ともこ)

    1980年神奈川県生まれ。市場の古本屋ウララ店主。ジュンク堂書店池袋本店、那覇店への勤務を経て、2011年、那覇の第一牧志公設市場向かいで古本屋を始める。著書に『那覇の市場で古本屋』(ボーダーインク)、『本屋になりたい』(ちくまプリマ―新書)、『市場のことば、本の声』(晶文社)。

  • 島田潤一郎 (しまだ・じゅんいちろう)
  • 島田潤一郎 (しまだ・じゅんいちろう)

    1976年高知県生まれ、東京育ち。2009年9月に出版社夏葉社を吉祥寺で創業。『昔日の客』(関口良雄著)、『星を撒いた街』(上林暁著)などの昭和の名著の復刊などをひとりで手がける。著書に『あしたから出版社』(晶文社)がある。

開催日
2018年8月6日(月)
時間
19時30分スタート/21時頃終了予定  *イベント当日、お店は18時にてクローズ致します
会場
Title 1階特設スペース
参加費
1000円+1ドリンク500円
定員
25名

当イベントは定員に達しましたので受付を終了いたしました

お申し込み

手順1:メールの件名にイベント名、メール本文にお名前(氏名)/電話番号/枚数(1人2枚まで)を明記して、以下のアドレスに送信ください。

title@title-books.com

手順2:「予約完了」の返信をいたします。(メールの受信設定にご注意ください)。

手順3:参加費は当日会場受付でのお支払いとなります。

お申し込み・ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます

  • SHARE