リレーコラム 「haletto わたしのはじめての東京」に寄稿しました

わたしの「東京でのはじめて」をコラムで綴る、この企画。第4回として、「東京ではじめて、本の世界に触れた街・江戸川橋」をというタイトルで寄稿しました。東京に出てきて本屋の仕事をはじめる前は、小さな児童書出版社でアルバイトをしていましたが、その頃について書いています。宜しければご一読ください。halettoは、株式会社 CHINTAIが運営するウェブメディアです。

このリレーコラムには、甲斐みのりさんや若菜晃子さんといった、Titleにゆかりの深いかたも寄稿されております。

haletto わたしのはじめての東京;https://haletto.jp/201805_watashinohajimetenotokyo04/

『Hanako』1153号にて本の紹介を行いました

3月22日発売の『Hanako』1153号にて、新井見枝香さんの『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)のクロスレビューを、歌人で作家の加藤千恵さんと共に担当しました。お供本の紹介は、文中にも登場する「アルパカ課長」こと内田剛さんです。ぜひご覧頂いて、本もお読みくださいませ。

「DIVERSITY IN THE ARTS TODAY」のサイトにて書評を寄稿しました。

「DIVERSITY IN THE ARTS TODAY」とは、障害のある人たちが生み出すアートと、それらをとりまく多様な文化が行き交うプラットフォーム。そのサイト内にて、「多様性」「違い」「共生」といったテーマを持つ本を3冊ご紹介しております。よろしければご一読ください。

ダイバーシティな読書案内:https://www.diversity-in-the-arts.jp/stories/5998

『金曜日の本』(中央公論新社)の書評を書きました

Print吉田篤弘『金曜日の本』(中央公論新社)の書評を、北海道新聞書評面(12月17日朝刊)にご掲載いただきました。少年時代の思い出、本との出合いを綴った、味わい深いエッセー。ここにも本のつぶやく声を聞いた人がいたと、嬉しくなりました。

どうしんウェブからも読むことが可能です。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/151990?rct=s_books

WEBメディア「ほんのひきだし」に寄稿しました

WEBメディア「ほんのひきだし」にて、これまで出合ってきた書店について寄稿しました。「自分にとってそれまで書店は常に大きくなるものだったが、それが子どものころに親しんだ小さな空間へと再び戻った……」宜しければご一読ください。

*なお、同じ記事が日本出版販売発行の書店向けの冊子「日販通信」1月号に掲載されます。

ほんのひきだし:http://hon-hikidashi.jp/enjoy/41291/

『an・an』2081号にて、本の紹介を行いました

DQUaa7oUQAA6NCp12月6日発売の『an・an』2081号(特集:毎日のごちそう&簡単おもてなしレシピ)にて、食欲や料理欲をそそられる小説やエッセイを紹介、コメントしています。

採り上げた本は、滝口悠生『高架線』、川上弘美『センセイの鞄』、伊丹十三『女たちよ!』、開高健『小説家のメニュー』、木村俊介『料理狂』、馬場わかな『人と料理』、藤原辰史『食べること考えること』。どれも面白い本ですので、ぜひお手に取って読んでみてください。

『365日のほん』が発売になりました

表紙 帯なし店主・辻山が書いた2冊目の本、『365日のほん』(河出書房新社)が発売になりました。前著である『本屋、はじめました』(苦楽堂)は、一軒の本屋が出来るまでを書いた本でしたが、『365日のほん』では新しいスタンダードとなるような本を365冊紹介しております。

全国の書店でお買い求めいただけます(ない場合はご注文も可能です)。Titleの店頭またはWEBSHOPでご購入のお客さまには特典も付きます。詳しくはこちら→ https://title-books.stores.jp/items/59e0a5553210d57e4b00066f

造本なども素敵に仕上げていただきました。『365日のほん』が出来るまでを、幻冬舎plusの連載で4回にわたり書きましたので、よろしければご一読くださいませ。http://www.gentosha.jp/category/honyanojikan

———-

『365日のほん』

著:辻山良雄

イラスト:中山信一

デザイン:漆原悠一(tento)

版元:河出書房新社

A6判変形ハードカバー(文庫サイズ) 408頁

『どんな絵本を読んできた?』(平凡社)に寄稿しました。

28806257名が絵本の思い出を綴った絵本のブックガイド『どんな絵本を読んできた?』(平凡社)に寄稿しました。『モチモチの木』について書いておりますが、それとは別の一冊について書いたものでもあります。詳しくは店頭でご覧ください。

こうの史代さんのイラストが目印です。http://www.heibonsha.co.jp/book/b288062.html

CATEGORIES

ARCHIVE

開店前メイキングブログ もうすぐあたらしい本屋が生まれます