2018/11/9 - 2018/11/11

終了しました

第4回「家族製本」展示 | 宮本恵理子+キッチンミノル
取材体験でつくる、家族のための時間。 完全オーダーメイド&オールハンドメイドの本づくり。

第4回「家族製本」展示  |  宮本恵理子+キッチンミノル

家族について語りたい思い出や家族に向けて伝えたい言葉はたくさんあっても、それを口に出す機会はなかなか訪れないもの。

「家族製本」は家族が永遠に残したい言葉と写真を世界で1冊の本に仕立てる「家族のためのものづくり」です。

家族が集まるいつもの場所に、インタビュアーとカメラマンが訪れて、家族の言葉と表情を引き出します。

「問われて話す」インタビューだから、少し照れくさい言葉も、忘れかけていた大切な思い出も永遠に残る文字に。たっぷりと言葉を交わした後にシャッターを切る写真には家族の親密さが滲み出ます。

その日、その時、その場所だからこそ生まれた言葉と写真は、布張りの美しい本の形に。丁寧な手仕事に定評のある「美篶堂」とのコラボレーションによる特製の1冊に仕上げます。

今回の展示では、「家族製本」で特別な時間を過ごした家族の皆さんの言葉と写真をご紹介します。

真っ白なページに、あなたならどんな言葉を残しますか?どこで、どんな写真を撮りたいですか?

ゆっくりと思いを巡らせる時間として、訪れてみてください。

 

「家族製本」の詳細はウェブサイトをご覧ください。

http://kazokuseihon.com

 

***

主宰

文章 /宮本恵理子

1978年福岡県生まれ。出版社勤務を経て、フリーの編集者・ライターとして活動。書籍のブックライティングのほか、主に個人や家族の生き方、働き方をテーマに取材・執筆する。著書に、インタビュー集『大人はどうして働くの?』『子育て経営学』。『働く女性に贈る27通の手紙』(小手鞠るい、望月衿子)をプロデュース。

 

写真 /キッチンミノル

1979年テキサス州生まれ。主に「人物」と「料理」をテーマに撮影している。AERAでの連載“はたらく夫婦カンケイ”を7年間担当し、その写真をまとめた写真詩集『メオトパンドラ』が発売中。来年、「かがくのとも」でマグロの流通を追った写真絵本『マグロリレー』を発表予定。

 

ブックデザイン / 菅 渉宇

 

ロゴマーク / 得地直美

 

造本 / 美篶堂

 

*オープニングナイト*

11月9日(金)19時〜

美味しいワインと焼き菓子でお迎えします。

開催日
2018年11月9日(金)ー 2018年11月11日(日)
時間
12:00~21:00 *10日(土)は14:00より、11日(日)は19:00まで
場所

Title2階ギャラリー

  • SHARE