2018/10/4

終了しました

人びとの沖縄戦後史──語り方を変えるために
岸政彦さん『はじめての沖縄』(新曜社「よりみちパン!セ」)、 藤井誠二さん『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』(講談社)刊行記念

人びとの沖縄戦後史──語り方を変えるために

先の5月に刊行された『はじめての沖縄』は、若き日に「沖縄病」に罹り、その後社会学者となった著者・岸政彦さんが、「沖縄」と「日本」の境界線をみつめながら、沖縄で生まれ育った人びとが語る人生の語りを記録し、そこから沖縄の「歴史と構造」へと架橋しようとする、かつてない<沖縄本>であり、刊行後、各メディアから絶賛を受け、その後も多くの読者を深く刺激し続けています。いっぽう、2011年の着手から7年目の来たる9月4日、いよいよ刊行となる、ノンフィクションライター・藤井誠二さんによる『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』は、米軍占領下に置かれた沖縄の戦後史を、「浄化運動」の波によりかき消された「特飲街」=売春街に生きた者たちの肉声により克明に描き出す、渾身のルポルタージュです。沖縄をめぐるきわめて重要なこれら二作品の刊行を記念し、かねてより親交のある著者おふたりによる、待望のトークイベントの開催です。ぜひご参加ください。

  • 岸政彦(きし・まさひこ)
  • 岸政彦(きし・まさひこ)

    1967年生まれ。社会学者。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。博士(文学)。研究テーマは沖縄、生活史、社会調査方法論。著作に、『同化と他者化—戦後沖縄の本土就職者たち』(ナカニシヤ出版、2013)、『街の人生』(勁草書房、2014)、『断片的なものの社会学』(朝日出版社、2015、紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞)、『愛と欲望の雑談』(雨宮まみとの対談、ミシマ社、2016)、『質的社会調査の方法――他者の合理性の理解社会学』(石岡丈昇・丸山里美との共著、有斐閣、2016)、『ビニール傘』(新潮社、2017、第156回芥川賞候補、第30回三島賞候補)など。

  • 藤井誠二(ふじい・せいじ)
  • 藤井誠二(ふじい・せいじ)

    1965年生まれ。ノンフィクションライター。愛知淑徳大学非常勤講師。著作に、『人を殺してみたかった―愛知県豊川市主婦殺人事件』(双葉社、2001、のちに双葉文庫)、『殺された側の論理 犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」』(講談社、2007、のちに+α文庫)、『罪と罰』(本村洋、宮崎哲弥氏との共著、2009、イースト・プレス)、『死刑のある国ニッポン』(森達也氏との共著、金曜日、2009、のちに河出文庫)、『体罰はなぜなくならないのか』(幻冬舎新書、2013)、『「少年A」被害者遺族の慟哭』(小学館新書、2015)、『沖縄 大人の社会見学R18』(亜紀書房、2016、仲村清司氏、普久原朝充氏との共著)、『ネット時代の「取材学」』(IBCパブリッシング、2017)、『黙秘の壁―名古屋・漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか』(潮出版社、2018)など。

開催日
2018年10月4日(木)
時間
19時半スタート/21時頃終了予定 *イベント当日、お店は18時にてクローズいたします。
会場
Title 1階特設スペース
参加費
1000円+1ドリンク500円
定員
25名
お申し込み

手順1:メールの件名にイベント名、メール本文にお名前(氏名)/電話番号/枚数(1人2枚まで)を明記して、以下のアドレスに送信ください。

title@title-books.com

手順2:「予約完了」の返信をいたします。(メールの受信設定にご注意ください)。

手順3:参加費は当日会場受付でのお支払いとなります。

お申し込み・ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます

  • SHARE